お知らせ


2018年1月12日金曜日

2018・1・12<骨董ジャンボリーのお知らせと新入荷>古伊万里の大蓋物、幕末伊万里の浅鉢・大皿

こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。



まずは催事のお知らせから。

[骨董ジャンボリー出店のお知らせ]
2018年1月12日(金)、13日(土)、14日(日) 
10:00~17:00
東京ビックサイト東1ホール
本日より開催の骨董ジャンボリー参加しております。
全国から500の業者さんが集まり、
和骨董、洋骨董、玩具など一日で見きれないほどの規模で、
三日間かけて見て回られるお客様も多くいらっしゃるほど。
ブースはB14古美術福重で参加しております。

※尚、吉祥寺PukuPukuは西公園前店、中道通り店ともに、
骨董ジャンボリー開催中も通常営業いたしております。



吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。


本日は現代においてもなお色褪せない美しさを持つ
幕末伊万里の浅鉢からご紹介して参ります。

お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。



染付群鶴図浅鉢

1客 58,000円+tax

(江戸幕末)

径約34㎝・高さ約9㎝
※商談中

珍しい意匠の浅鉢が入荷しました!!


画面全体に無数の羽ばたく鶴を描き、埋め尽くします。
背景を淡い呉須で染め鶴を白く浮き上がらせる、
手の込んだ絵付けが施されます。


丁寧な手仕事には職人さんの情熱が宿ります。
一羽ずつポーズや表情の変化があり、
思わず見入ってしまういきいきとした絵付けです。


浅鉢の形状となっており、
縁は丸みを持たせて存在感のある佇まいに仕上げています。


高台内に銘有り。
裏柄にも鶴が羽ばたき、こだわりが感じられます。


遠くから眺めても、近くで見つめても、
個性溢れる意匠が輝きを放ちます。
是非お手元でお愉しみください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


線描き牡丹と唐草文1尺1,5寸皿
1客 19,000円+tax
(江戸幕末)
径約34,5㎝・高さ約5,5㎝
※完売しました

繊細優美な描き込みに目を奪われ、
見込みは大輪の花が飾ります。


縁文様には、四方に淑やかな牡丹図を配します。
線描きの柔らかな表現が、ふっくらとした花弁を表します。


その周囲には唐草文様が広がります。


葉と蔓をひとつずつ丁寧に表現した緻密な描き込みは圧巻です。
手描き故に表れる微かな濃淡が心地良く伝わります。


縁の立ち上がりは緩やかで、シンプルな形状の造りです。
高台内に銘あり。裏柄は三方に牡丹図。


清々しい色彩が上品で、どの季節にも活躍してくれそうなデザインです。
お料理の盛り皿としては勿論、インテリアの飾り皿にもおすすめです。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付桜図1尺1,5寸皿
1客 19,000円+tax
(江戸幕末)
径約33,5㎝・高さ約5㎝


鮮明な藍色が文様を伝え、
中央には一本の桜の木が浮かび上がります。


力強く逞しい幹が伸びていき、たくさんの桜の花を咲かせます。


巧みなぼかしダミの技術が光り、賑やかな情景を映し出します。
色づいた蕾が、満開の桜の姿を予感させます。


鍔縁は濃淡豊かに彩られ、
四方襷文とともに花弁図が巡ります。


高台内に銘有り。裏柄は輪線と格子文で装います。


昔から日本人に馴染みの深い桜花、
藍一色ながら華やかな印象の器です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付幾何学文六角皿
1客 16,000円+tax
(江戸幕末)
径約30,5㎝・高さ約4㎝
※完売しました

幾何学文に六角形の組み合わせがモダンで心惹かれます。


濃淡がくっきりと映え、
見込みに描かれたのは花でしょうか。


縁には幾何学文が彩り、
角には白抜きされた花図がアクセントを加えます。

花弁のように僅かに波打つ口縁部の形が、
有機的な表情をもたらしています。


高台内に「成化年製」と有り、裏柄は宝文です。


径約30,5cmで日常使いにも取り入れやすいサイズ感。
和洋問わずさまざまなお料理と相性が良さそうです。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付幾何学文八角皿
1客 18,000円+tax
(江戸幕末)
径約32,5㎝・高さ約4㎝
※完売しました

幾何学文の器、もう一種入荷しました。
こちらは先にご紹介の六角皿よりやや大きく、八角の形状です。


見込みには捻子文にエキゾチックな花と唐草文。


縁には格子文が敷き詰められ、角には白抜きの花図。
口縁部に僅かに余白を残し、文様を優雅に引き立てています。


高台内に「太明成化年製」と有り、裏柄は宝文。


コーディネートに変化が生まれる六角・八角型。
色彩のコントラストが美しく、存在感を発揮しております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵人物と幾何学文大蓋物
1客 14,000円+tax
(江戸中期)
径約18㎝・高さ約11㎝
※完売しました

本日最後は、古伊万里の色絵大蓋物のご紹介です。


平たく安定感のある形の身には鮮やかな色を纏い、
三方に景色が描かれます。
木々の下に佇むのは韃靼人でしょうか。


その間には格子文と青海波文が煌めき、
足元には三方に花図が愛らしく添えられます。


側面の中央辺りには、一本の輪線状の凹凸が付けられ、
凝った造りです。


高台脇は染付で櫛文様、高台内に「太明成化年製」と有ります。


蓋にも同様の絵付けが続きます。


蓋の絵柄の木葉の部分に、釉薬の剥がれている箇所がございます。
その他キズは無く状態良好です。


内側の見込みには環状松竹梅図、口縁部は雲文が漂います。


蓋裏も同様です。
しっとりとした呉須の色が、
表の色絵とはまた異なる味わいを感じさせてくれます。


煮物などの盛り鉢や、菓子鉢にされても素敵です。
珍しいサイズの大蓋物、是非お早めにお問い合わせください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
骨董ジャンボリー開催中も西公園前店、中道通り店は
通常通り営業しております!
皆さまのお越しをお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ