お知らせ


2017年6月27日火曜日

2017・6・27<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治時代の器7種


こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。






吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。

本日は輝く美しさがふんだんに盛り込まれた、
幕末伊万里の染付鉢からご紹介して参ります。

お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


染付六方に蝶図8寸鉢
1客 15,000円+tax
(江戸幕末)
径約25㎝・高さ約12,5㎝
※ムシクイ、トリアシ有り
※完売しました

深さのある器形の為、側面を主体として絵付けが施されています。


淡い呉須調、繊細な雰囲気で描かれたのは
線描きによる蝶。あしらわれた唐草が妖艶な雰囲気に魅せます。


間には、墨弾きの技法で白抜きされた雨龍の姿。
品の良さを感じる線描きとの
ギャップをつけた絵付けがたまらなく可愛いです。


裾には連弁文、幾何学文が並びます。
大きな器を支える高台の造りもどっしりしていて、
やや高さがあります。


内側は帯状の縁文様で、こちらも割絵となります。


側面の雨龍に合わせて、こちらは雲文が配されます。


見込みは、めしべとおしべを文様化したものでしょうか。
縁文様の蝶たちは美しい花に誘われてきたのですね…


やや厚みのある口縁部は、端反りとなります。
これほど深さのある盛り鉢はなかなかお目にかかれませんね。
お料理はもちろん、果物鉢や睡蓮鉢としても◎


口縁部1ヶ所に極小さな釉薬剥げ、
高台内に貫通はしていないトリアシが見られる為、
お値段に反映させております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。




染付松と水仙と蝙蝠図7,5寸鉢
1客 5,500円+tax
(明治前期)
径約22㎝・高さ約8㎝
※完売しました

面によって様々な表情を見せてくれます。
器用に模った雪輪窓絵には、、



松が肩を並べ、水仙が微笑ましく咲く様子が描かれています。



更に、蝙蝠が飛ぶ姿も。



口縁部は濃みに浮かび上がる、花と唐草文。
よく見てみると、細い線で白抜きされた唐草文が確認できます。



もう半面、口縁部に沿って配された窓絵には長閑な山水図。
筆の走りも感じられ、豪快に、伸びやかに描かれています。



もうひとつには、斜め格子文。
あっさりとした器面に変化をつけています。



裏側も勢いそのまま、山水図がめぐります。
窓絵に描かれた東屋や帆掛け舟が愛らしい表情を加えます。



厚みある口縁部外側にかけて、
エネルギーみなぎる、しっかりとした造りの染付鉢です。






染付松鶴と竹と春蘭図7,5寸鉢
1客 5,500円+tax
(明治前期)
径約22,5㎝㎝・高さ約8,5㎝
※少甘手、高台小ホツ有り



こちらの鉢も様々な図柄で愉しめる一品です。



割絵で区分けされた器面。見込みには大きく松鶴図が描かれます。
鶴の何とも言えない、ニヒルな表情に心和みます。



縁文様は幾何学文と、咲き誇る梅花で描き埋められています。



窓絵にも藍一色の華やかな世界が広がります。



すっと伸びた竹、咲き乱れる春蘭や太湖石と吉祥文様が一堂に会します。



特徴的な口縁部の造り。厚み、幅を持たせ、くびれを作っています。
そのくびれには輪線を引いて洒落た印象に。
裏柄は草花と流水文が描かれます。



口縁部、部分的に貫入が入っているのと、
高台に小さなカケが見られます。



強く濃く発色した明治期らしい染付の藍色が
盛り付けるものを美しく引き立てます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com




染付竹と山水図8寸皿
1客 2,800円+tax
(江戸幕末)
径約23,5㎝㎝・高さ約4㎝


透明感感じる、澄んだ藍色爽やかに。
割絵となった縁文様は二方ずつ、
竹と山水図がゆったりと描かれています。



見込みの環状松竹梅もしっかりと描かれています。



シンプルな文様だからこそ。
花弁を模った輪花縁が動的要素を加え、華やかさを演出しています。



裏側は三方に葉図が描かれます。



素朴ながらも、溢れ出る瑞々しい絵付けは
どんなお料理も受容してくれそうです。





色絵竹林賢人と雀図春寒鉢
1客 3,800円+tax
(江戸後期)
径約14㎝㎝・高さ約4㎝



染付で目にすることが多い、竹林賢人図。
今回は色絵が施されて、いつもより華やかな装いです。



色彩可愛らしい太湖石と花図を中心に置き、左右に佇む賢人。
人柄が窺える、優しい表情をしています。



上方には竹林が生い茂り、、


金彩施された雀の戯れる様子が描かれています。



今回、異なる絵付けで2種入荷しました。
まずはこちらの2客。※完売しました

※完売しました


※完売しました
金彩もしっかりと残っていて、
赤と緑色が効いています。



他、4客がこちら。



金彩にやや擦れが見られ、赤色の色味も淡く柔らかです。
賢人の表情にも是非、注目してください!



裏側も丸文が描かれ、愛らしく仕上げています。
立ち上がりのある口縁部も使い勝手良く、重宝しますね。



通常の春寒鉢よりも小ぶりな造りです。
絵付け違いで揃えていただくのも◎

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com




最後に蓋茶碗を2種、続けてご紹介します。



染付麒麟と鳳凰と福寿文字図蒸茶碗
1客 1,500円+tax
(江戸幕末)
径約12,5㎝・高さ約9,5㎝
※完売しました

迫力満載の図柄、構成とは裏腹に繊細な絵付けが施されています。



幾何学文で囲った、デザイン性の高い窓絵には麒麟と鳳凰が描かれます。
淡い呉須調、細やかな線描きで見惚れてしまう美しさ。



窓絵の間には、ドドーンと大きく福寿文字。
迫力はありますが、輪郭線の間を濃み埋めしていて、
丁寧な手仕事が窺えます。



窓絵をやや下に配置して、口縁部付近には空きがありますが、
蓋を被せた時の配慮かと思われます。
心憎い、細やかな気配りを感じます。



煮物碗、汁椀、常備菜入れにと、、多用途にお使い頂ける蒸茶碗。
今なら揃えてのお求めも可能です。





色絵菊と蝶図蓋茶碗
1客 1,300円+tax
(明治前期)
径約11㎝・高さ約8,5㎝
※完売しました

飯茶碗ですが、内側は白無地となります。
色使いも潔く、すっきりとした印象です。



馴染み深い菊が描かれ、心和む光景です。
染付に金彩施された茎と葉、そこに色とりどりの花が咲きます。



更に、蝶の舞姿といった趣向で、
品のある華やかさに魅了されます。



蓋と身の図柄は異なり、組み合わせて続き文様となります。



高台周囲は連弁文、高台内に銘が有ります。



くどさが無く、他の器ともコーディネートしやすいかと。
軽やかな色彩で、食卓を華やかに演出します。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com

以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。
次の更新は6月30日(金)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
中道通り店に人気の四ツ組椀も入荷しております☆

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ