お知らせ


2018年8月3日金曜日

2018・08・03<骨董ジャンボリーのお知らせと新入荷>明治、大正、昭和戦前の器8種(※兎、千鳥、福良雀図有り)


こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

まずは催事のお知らせから。
[骨董ジャンボリー出店のお知らせ]
2018年8月3日(金)、4日(土)、5日(日) 
10:00~17:00
東京ビックサイト東1ホール
本日より開催中の骨董ジャンボリーに参加しております。
全国から500の業者さんが集まる骨董のお祭り、骨董ジャンボリー。
和骨董、洋骨董、玩具など一日で見きれないほどの規模で、
三日間かけて見て回られるお客様も多くいらっしゃるほど。
ブースはB-14吉祥寺PukuPukuで参加しております。

※尚、吉祥寺PukuPukuは西公園前店、中道通り店ともに、
骨董ジャンボリー開催中も通常営業いたしております。





吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。

本日は愛らしさ溢れる動物図の器を中心にご紹介して参ります。
お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


色絵富士と鷹と茄子図角なます皿
1客 2,500円+tax
(明治前期)
約13㎝×約13㎝・高さ約6㎝


初夢に見ると縁起が良いと伝えられる
『一富士 二鷹 三茄子』。
由来は諸説あるようですが、
富士は無事、鷹は高い、茄子は成すという
掛け言葉で吉祥の象徴となった説もあるそうです。


美しい曲線を描く口縁部。
器形を活かし、一角に富士がそびえ立ちます。
鮮やかな藍色はグラデーションをつけ、
赤絵の雲文が浮かび神々しい雰囲気です。


鷹は羽根で表されており、丸々とした姿が可愛らしい茄子が
ゴロゴロ転がっています。
茄子に描かれた青海波文や金色の茄子が華やかさを添えています。


鷹の羽、青海波文に擦れが見られるお品もございます。


丁寧な造形で美しい佇まい。
お料理映えしそうな、四隅が立ち上がった角なます皿です。


富士は裏側から見ても、存在感を放っています。
隅には丁子が描かれています。


正面の向きを変えると印象が変わり、
様々なお料理でお愉しみいただけます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


色絵三方に鹿図小皿
1客 1,000円+tax
(明治前期)
径約11,5㎝・高さ約2,5㎝


呉須調は淡く、金彩を主として赤みを抑えた色付けで、
柔らかな印象の小皿。


柔らかなのは文様にも通ずるものがあり、
金色の鹿が優しく穏やかな世界観で描かれています。
鹿が見上げるのは色付く紅葉でしょうか。


間を埋める文様も丁寧に描かれています。
金色に扇、赤色効かせた草花図は抽象的です。


見込みは染付による松竹梅図、、


裏側は三方に巻物図が描かれています。


口縁部は緩やかな輪花縁。やや立ち上がり、
使い勝手良い器形です。


目にも心地良い控えめな華やかさに魅了され、
入荷間もないですが大人気の小皿です。
お問い合わせはお早めにどうぞ。



染付兎三羽図なます皿
1客 3,800円+tax
(明治後期~大正)
径約15,5㎝・高さ約5㎝
※在庫数4客


淡い呉須調、優しいタッチの絵付け。
素地の色も乳白で素朴な温かみを感じます。


野原で戯れる兎三羽。
正面を向いた丸々した姿、後ろ姿、
ゴロゴロのんびりとした愛らしい姿で描かれています。


縁文様には草花図。兎図に付き物の月、木賊、萩が描かれ、
うっすらと色付けた緑、ピンク色が可憐さを添えています。


裏側は三方に巻物図が配されます。






おおらかな絵付けが器の柔らかな雰囲気と相性良く、
心擽られる兎図なます皿です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


人気の波千鳥図が多数入荷いたしました。


ゴム印判転写三方に千鳥図なます皿
1客 1,000円+tax
(大正~昭和戦前)
径約15,5㎝・高さ約5㎝


見込みには波千鳥図。
ゴム印判の素朴な線が文様の愛らしさを引き立てます。


縁文様三方にも千鳥図が描かれています。
こちらは染付で表されており、異なる趣向で魅せます。
しっかりと波紋も表されていますね。


器面に変化をつけるのは家と梅花図。


裏側ゴム印判による宝文。


ぽってりと厚みがあり、その佇まいも愛らしい。
おおらかに施された濃みがみずみずしさを感じさせます。



染付波千鳥図隅切り小皿
1客 700円+tax
(大正~昭和戦前)
約11,5㎝×約12,5㎝・高さ約3㎝


飛沫を上げ、荒々しい波と列を成して飛ぶ千鳥図。
迷いない、筆の走りを感じられる絵付けが施されています。


隅切りの器形も印象的です。


絵付けが透けて見えるほど、澄んだ白地が爽やかで
造形の丁寧さが窺えます。
変型の小皿が普段の食卓を彩ります。



染付波千鳥図蒸茶碗
1客 1,300円+tax
(明治後期~大正)
径約12,5㎝・高さ約8,5㎝


上がり良い素地に、発色鮮やかな藍色が映えます。


流れるような筆さばきで躍動的な波を描き、
舞う千鳥もどこか気持ち良さそうに見えます。


碗は高台周囲に波を描き、余白の三方に千鳥図。
この丸々した姿が堪りませんね。いつ見ても心擽られてしまいます。


厚みがあり、どっしりとした造りの蒸茶碗は
小鉢だけでなく汁椀としても◎
今なら、麺類のつけ汁を入れるのも良いですよ。


その他、千鳥型小皿も入荷しております。
染付山水図千鳥型小皿
1客 900円+tax
(明治後期~大正)
約7,5㎝×約7㎝・高さ約2㎝
※在庫数3客
※完売しました
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


銅版転写福良雀と朝顔図6寸皿
1客 1,300円+tax
(明治後期~大正)
径約18㎝・高さ約3㎝


藍と白のコントラスト美しい6寸皿。
縁文様の朝顔図は、銅版転写の技法を用いて輪郭線を描き、
周りを塗り埋めています。


転写の正確な線と荒々しい濃みの合わせが良く、
深い趣を生んでいます。


見込みにはまん丸姿の福良雀図。
『膨ら=福良』の当て字とし、
この姿は豊かさの象徴とされてきました。
ギラっとした鋭い眼光でもまん丸姿で愛らしく見えてきますね。


裏側にも三方に朝顔図、高台周囲も凝っています。


日常使いに重宝する6寸皿。
爽やかな文様が涼を演出します。



瑠璃釉陽刻蔦図木瓜型皿
1客 900円+tax
(大正~昭和戦前)
約14㎝×約16,5㎝・高さ約4㎝


瑠璃釉をたっぷり含み、
ぽってりとした厚みが愛らしい佇まいの木瓜型皿。


鳥の巣を図案化したものと考えられている木瓜型。
四隅が丸く窪んだ形で柔らかな印象です。


陽刻で表された蔦が器面にひろがります。
釉溜りが色の濃淡を与え、モダンな表情です。


深みある瑠璃の色合いが上品な木瓜型皿。
今なら揃えてのお求めも可能です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。
次の更新は8月7日(火)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
骨董ジャンボリー出店
2018年8月3日(金)、4日(土)、5日(日) 
10:00~17:00
東京ビックサイト東1ホール
日曜日まで開催しております。皆さまのご来場お待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ