お知らせ


2018年6月29日金曜日

2018・06・29<新入荷>幕末伊万里、明治~大正時代の小段重とガラスの器

こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。



吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。




器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。


本日は、現代においてもなお色褪せない輝きを放つ
江戸幕末期の色絵三ツ組鉢からご紹介してまいります。
お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


色絵紅葉と瓔珞文三ツ組鉢
3客組 22,000円+tax
(江戸幕末)

大サイズ
大:径約17,5・高さ約8㎝

斬新な意匠が目を引く色絵三ツ組鉢が入荷しました。
大きいサイズから詳細をご紹介いたします。


染付の上に朱と金彩を散りばめ、
軽やかな絵付けが広がります。


見込みは紅葉に囲まれた巾着図。


鍔のように外に開いた形状の縁が特徴的。
格子と紅葉図を描き、その内側は瓔珞文で飾ります。


捻じりの凹凸が施された口縁部は、金彩でおめかしします。


側面にも紅葉図を配します。



中サイズ
:径約15,5・高さ約7㎝



小サイズ
:径約14・高さ約6㎝

小さいサイズも抜かりない丁寧な絵付けです。


一回りずつサイズか異なる三ツ組鉢。
重ねた際も美しく納まり、収納しやすいので重宝します。


縁を賑やかな文様が彩り、盛り映えしそうです。
煮物や和え物、サラダなど、
小ぶりなので様々な場面で活躍します。


☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


色絵四方に鳳凰図6,5寸鉢
1客 12,000円+tax
(江戸幕末)
径約19,5・高さ約7㎝
※更新準備中に完売しました

見込みには、捻子花の鮮やかな緑が映えます。
周囲は四方襷文と花を交互に配します。


縁の四方には鳳凰図が描かれます。
花と唐草文が豪華に縁取り、鳳凰も優雅な表情。


その間の丸窓には、赤い蕾を付けた草花図。


側面にも内側と同じ文様が広がり、
隅々まで手が込んでいます。


やや端反りの形状に造られている為、
縁文様がより華やかに見えますね。


高台は蛇の目高台です。


ふんだんに色彩用いた存在感溢れる6,5寸鉢、
コーディネートの主役になること間違いなしです。


今回、同柄で一回り大きいサイズの7,5寸鉢も出て参りましたが、
こちらには傷がございました。
その分お値段に反映しております。

色絵四方に鳳凰図7,5寸鉢 
1客 6,500円+tax
径約22・高さ約7,5㎝
※トリアシ有り
※更新準備中に完売しました
 表裏に貫通しているトリアシ(ヒビ)がございます。



染付花と唐草文8,5寸皿
1客 12,000円+tax
(江戸後期)
径約26・高さ約3,5㎝


発色美しい呉須により文様が描き込まれ、
モダンな印象漂います。


見込みには堂々と捻子花が浮かびます。
周囲に輪線状に描き込まれた文様も非常に繊細で、
職人さんの高い技術が窺えます。


丁寧に輪郭線を引いてから濃み埋めをし、
濃淡用いて変化を付けた心のこもった絵付けです。
四方に生命力溢れる花と唐草文を表現します。


その間には窓が設けられ、顔を覗かせる淑やかな花。
渦巻のような文様が、エキゾチックな雰囲気を添えます。


口縁部は鉄釉で装い、文様を引き立てます。


裏柄は朗らかな花と唐草文が巡ります。


見込みにフリモノがございます。


また、口縁部に鉄釉が掛かっておらず白い部分がございますが、
施釉されていますので、ご使用には問題ございません。


和洋問わず合わせられる意匠、
使い勝手の良い8,5寸サイズも魅力的です。
是非お手元でお愉しみください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


草花と蝶図三段重
1客 9,500円+tax
(明治後期~大正)
径約11・高さ約15㎝
※完売しました

小ぶりな三段重が入荷致しました。
銅判転写の技法により淡く写し出された草花図が和やかです。


風にそよぐ草花の間には二羽の蝶がひらり。


 蓋の中央にも可憐な蝶が描かれます。
花は薄桃に色づき、その優しい表情に心惹かれます。



版が擦れて文様が薄い部分もございますが、
かえって儚げな雰囲気が演出されていて素敵です。


縁の深さは其々異なり、最下段が一番深さがございます。
(上:高さ約2,5cm、中:高さ約4cm、下:高さ約7,5cm)
内側は白無地です。


高台脇のみ手描きの染付で文様が描かれます。


蓋裏には陰刻で「富」の文字。


最下段に蓋を合わせて、小さな蓋物としてもお使い頂けます。


おもてなしの際のお料理の盛り付けには勿論、
常備菜を入れて普段使いにも◎
お見立て次第で多用途にお使い頂けます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


本日最後は、ガラスの器を2種ご紹介いたします。


プレスガラス幾何学文5,5寸皿
1客 4,500円+tax
(明治後期~大正)
径約16,5・高さ約3,5㎝
※在庫数1客

繊細な幾何学文様が浮かび上がり、
ひんやりと涼しげなガラス特有の美しさを発揮します。


縁には八方に花のような文様が並びます。


こちらは明治24年創業の大阪・北区の製硝合資会社の製品で、
見込みには「SEISHOSHA」と陽刻がございます。


口縁部に並ぶ粒はまろやかな質感で、
雫のようにきらりと光ります。


無傷の入荷は6客。
現代にも通じる洗練された意匠に心惹かれます。



プレスガラス捻子文菱型皿
1客 3,800円+tax
(明治後期~大正)
約19,5㎝×14・高さ約3㎝
※完売しました

続きましても同時代のプレスガラスのご紹介です。
有機的な曲線が柔らかい雰囲気を生み出し、
菱型の形状に捻子文が表現されています。


器の裏面に文様の凹凸が付けられており、
無数の点の装飾が光の反射できらきらと輝きます。





見込みには「SEISHOSHA」の陽刻有り。


更新準備中に数客ご売約となり、在庫数は2客です。



在庫2客ともに、製作時に出来た皺のような表面の凹凸と
口縁部の窯傷がございます。

傷有りのお品物も1客ご用意しております。
↓↓↓
ノミホツ有り 1客3,000円+tax
※在庫数1客
※完売しました
口縁部にノミホツ(極僅かなカケ)が三か所ございます。


やや深さも有り、お造りや冷奴など盛り付けやすく、
これからの暑い季節にピッタリの器です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。
次の更新は7月3日(火)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
ご常連のお客様よりお菓子を頂きました。
いつもお心遣い有難うございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ