お知らせ


2018年2月20日火曜日

2018・02・20<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治時代の器5種(※波千鳥、兎図有り)


こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

まずは、2月14日~18日のSALEにご来店されたお客様に
厚く御礼申し上げます。
遠方からご注文くださった方や、
ずっと気になっていたものを購入された方もいらしたり、
お得な機会を活用して頂き、スタッフ一同嬉しく思っております。
今後もまた、SALEを実施いたしますので、楽しみにしてくださいね。





吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。

本日は現代においてもなお輝きを放つ、
古伊万里角皿からご紹介いたします。
お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


染付獅子牡丹図角皿
1客 26,000円+tax
(江戸後期)
約28,5㎝×29㎝・高さ約6,5㎝
※更新準備中に完売しました

一目で目を引く、器形。
入隅になっていない、珍しい正方形の角皿です。


見込みには七宝文が四方に配します。
周囲には花と唐草が踊るようにのびのびと描かれ、
明るく彩りを添えます。


周囲の立ち上がり部分には輪線が引かれ、
さらに雷文が囲みます。


コントラスト清々しく、されど呉須調はやわらかく。
バランスよく余白を持たせて、鮮やかな藍色が良く映える縁文様。


白抜きの獅子と牡丹花が飾ります。
逞しい獅子も愛嬌たっぷりと描かれています。
お馴染みの文様でも千差万別。つい、その表情に目がいってしまいます。


牡丹花と共に、七宝文が愛らしく顔を覗かせます。
施された幾何学文がアクセントとなっていますね。


どっしりとした厚みのある口縁部。
立ち上がりもあって、額縁のような重厚さを感じます。


造形の丁寧さは裏側から見ても伝わってきます。
文様はおおらかな絵付けで草花図が描かれています。


造形の美しさ、絵付けの丁寧さも圧巻の角皿です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


色絵四方に人物図角皿
1客 19,000円+tax
(江戸後期)
約28,5㎝×28,5㎝・高さ約6,5㎝
※小ホツ有り
※更新準備中に完売しました

先にご紹介しました獅子牡丹図角皿と同型になります。


こちらは金彩と線描きが織り成す見事な描き込み。
異なる意匠で魅せます。


見込み中心から四方に人物図が描かれ、さり気なく金彩施されておめかし。
間の草花と手を繋いでいるように見えます。


周囲の立ち上がり部分は幾何学文、輪線、瓔珞文が囲み、
瓔珞文の赤絵が、染付の藍色を引き立てています。


こちらもどっしりとした造り。
金彩煌めき、華やかな装いの縁文様。


左右にのびる草花を抱え、優しく微笑む人物図が描かれます。
背景の淡い呉須調とも調和していて、柔らかな雰囲気です。


四隅はダミを効かせた花図で、変化をつけています。


こちらの裏側もおおらかな絵付けの草花図。


この形状の為仕方がないと思うのですが、
口縁部に小さなカケが見られるのでお値段に反映しております。


繊密な描き込みに、金彩が施されても
くどさを感じないのは絵付けの妙。
職人による匠技、デザインセンスの良さが光ります。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付波千鳥図変型楕円皿
1客 17,000円+tax
(江戸幕末)
約29㎝×33㎝・高さ約4㎝


ぷくぷくとデフォルメされた見込みの千鳥。


飛沫を上げる波と共に描かれ、
まん丸の目や立涌文が施された姿が可愛すぎます。


呉須調淡く、柔らかな雰囲気は縁文様へと続きます。


地文様の細やかな描き込みに目を奪われると、
白抜きされた富士が浮き上がってきます。
富士の中には龍の姿も。


もう二方には松葉のような植物が抽象的に描かれています。


縁に幅を持たせたリム皿で、
変型の楕円の器形も可愛らしいです。


文様の取り合わせも洒落たもの。
愛らしさの中に、モダンな表情を加えております。



線描き草花と幾何学文7寸深鉢
1客 13,000円+tax
(江戸幕末)
径約21㎝・高さ約11,5㎝
※完売しました

こちらもモダンなデザインセンスが光り、珍しい形状に目を引きます。
寸胴でいて、口が大きく広がる器形です。


丁寧で美しい造形に合わせ、繊細な絵付けが施されています。


藍の色はふんわりと柔らかく仕上がっており、
優しいタッチで描かれた草花の世界。


間の窓絵には麻葉文が描き埋められます。
雷文が配されたことで雰囲気を引き締め、新鮮な印象を受けます。


大きく開いた口縁部には幾何学文が描かれ、
見込みは線描きによる優美な牡丹唐草文が配します。


深さがあるので何を盛り付けようか、
考える愉しみがひろがります。
丁寧な手仕事をお手元でご堪能下さい。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵兎図7,5寸鉢
1客 22,000円+tax
(明治前期)
径約22㎝・高さ約9㎝
※完売しました

裏表にびっしりと絵付けが施された色絵鉢。


淡い色彩愛らしく、割絵や窓絵を巧みに駆使した縁文様。


松菱の窓絵に描かれたのは、金色に輝く可愛らしい兎。


雲間から姿をみせる月、ススキや牡丹花が
兎の周りを華やかに飾ります。


三方の兎は其々、金彩の擦れも見られますが
その愛らしい表情で和ませてくれます。


菊花に渦巻、色彩豊かな牡丹花。間に置かれた窓絵や、、


見込みの線描き花と唐草文も丁寧な絵付けで魅了します。


裏側も同様の絵付けが施されます。


呉須調も控えめで、軽やかな色彩が
盛り付けるお料理を優しく包みます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。
次の更新は2月23日(金)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
ご常連のお客様からお菓子を頂戴いたしました。
お心遣い有難うございます☆

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ