お知らせ


2017年2月10日金曜日

2017・02・10<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治前期の器を7種


こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。







吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。

本日は輝く美しさがふんだんに盛り込まれた、
古伊万里のお品からご紹介して参ります。

お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。

 

染付杜若図大徳利
1客 14,000円+tax
(江戸中期)
径約13,5㎝・高さ約24㎝
※完売しました

風格漂う、大徳利が入荷しました。


細長い首に、


胴は張り、まろやかな質感を纏いながら、重厚さを感じさせます。
若干、座りにがたつきが見られますが、布を敷いて頂くと軽減する程度です。


深みある呉須調で描かれた杜若図にも風情があります。


温かみのある乳白色が優しく映り、その姿に惚れ惚れしてしまいます。
素朴ながらにして、放つ存在感は流石です。
是非、お手元でご堪能下さい。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


染付松竹梅と逆蛸唐草文6寸皿
1客 13,000円+tax
(江戸中期)
径約17㎝・高さ約3㎝
※入荷数1客
※完売しました

見込みには五弁花。


深みある藍色で絵付けの妙に目を奪われる縁文様には、窓絵に松、


さらに竹と梅が味わい深く描かれています。


窓絵の間を埋めるのは、逆蛸唐草文。
文様を白抜きし、地の部分を濃み埋めした手の込んだ仕上がりとなっています。


裏側には愛らしい花が縁を飾り、


高台内には『大明成化年製』と有ります。


口縁部はうっすら輪花を模ります。


蛸唐草の豪快な雰囲気だけでなく、
丁寧な絵付けによって、繊細な一面も魅せてくれる6寸皿です。



染付菊花交差文猪口
1客 18,000円+tax
(江戸中期)
径約7㎝・高さ約6,5㎝


いつの時代も延命長寿を願う菊文様。
長く描かれる中で、デザイン化され、
現代にも通じるモダンな佇まいをしています。


上下に並んだ半菊が可愛らしく、間には氷裂文が描かれており、
筆使い感じる線描きに心擽られます。


内側は白無地、高台はベタ底となります。


並べると可愛らしさが一段と増しますね。
数が揃うことが珍しい、人気の菊花文猪口。入荷数は6客です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付波と鶴図7,5寸鉢
1客 9,500円+tax
(江戸幕末)
径約22㎝・高さ約8,5㎝
※商談中

濃淡つけたことで、荒々しさがより感じられる波図。
飛沫を上げる荒波とともに描かれたのは、


舞う姿美しい鶴図。


3羽其々、姿や表情が異なり、個性に溢れていて目を愉しませてくれます。


幅広に配された縁文様。よく見ると、区分けされた2種の文様で構成されています。


幾何学文と濃みから浮かぶ牡丹が交互に配置。
色のコントラストが美しく、藍色一色ながら目に鮮やかに映ります。


側面には深く鎬が施され、八弁型となります。
厚みのある口縁部には雲文。


裏柄にも波が描かれ、等間隔に飛ぶのは千鳥でしょうか。


柔らかな呉須調がすっきりと爽やかです。
一手間加えた造形で食卓に変化をもたらします。



色絵五弁花に松竹梅図盃洗
1客 12,000円+tax
(明治前期)
径約14㎝・高さ約12,5㎝
※完売しました

色彩豊か、豪華絢爛な世界がひろがります。


大胆な配置の五弁花。窓絵に見立てたその中に、松竹梅が描かれています。


内側の花弁にも牡丹、羊歯文、亀甲文と異なる文様で描き埋められていて見逃せません!


濃みが施された口縁部には、牡丹花が優雅に浮かび、扇型窓絵には竹。
濃い藍色が、金彩の華やかな魅力をさらに引き立てています。


趣向を凝らした絵付けは裏側、高台部へと続きます。


生き生きと枝を伸ばし、咲き誇る花。
2種の異なる窓絵が器面に変化をつけています。


高台部は金色の千鳥が飛び交い、間に七宝文。
染付の連弁が縁を飾ります。


隅々まで絵付けが施され、格調高く仕上げられた盃洗です。
そのまま飾っても、お料理を盛り付けても、その美しさを存分にお愉しみ頂けます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


大変珍しい、菱型の段重が2種、入荷しました!


染付扇面と兎と花鳥図菱型三段重
1客 27,000円+tax
(明治前期)
約15㎝×19㎝・高さ約20,5㎝
※ノミホツ・脚に直し有り
※完売しました
1,2段目 約14,5㎝×19㎝・高さ約5,5㎝

3段目 約14,5㎝×19㎝・高さ約8㎝


蓋には扇面図。蛇腹を表した波状の凸凹が指に伝ってきます。


描かれたのは、竹林雀図と草花図。
花に淡い色が施され、アクセントとしています。


菱型の形状を活かし、側面は二面ずつ繋がりを持たせた絵付けが施されています。


大きな四角の窓絵には、白くて可愛らしい兎図。
円らな目と振り向いた横顔が堪りません。
奥の垂直に伸びた植物は木賊でしょうか。


隣の雪輪窓絵には繊細な線描きの花鳥図が描かれ、


窓絵以外の部分には濃みが施されています。
牡丹と唐草が白抜きされ、手の込んだ仕上がりです。


反対側にはハートを模ったような窓絵が目に飛び込んできます。


こちらも花鳥図が描かれ、藍色一色による、華やかな世界がひろがります。


形状に劣らず、圧巻の絵付けで一際目を引きます。
様々な文様で愉しく、おもてなしの際にも重宝しそうです。


1段目に極小さいカケ、


脚に樹脂のようなもので直しが見られます。
こちらの直しで座りを調整したようなので、そのままにしてあります。



染付瓢箪図菱型三段重
1客 29,000円+tax
(明治前期)
約15㎝×24㎝・高さ約19㎝
※ノミホツ有り
※完売しました
1,2,3段目 約14,5㎝×23,5㎝・高さ約6㎝


鮮やかな藍色が洗練された印象を与え、


シャープな器形とも相性が良いです。


器面を埋める瓢箪図。白抜きされた瓢箪と葉の藍色がバランス良く、
ほのぼのとした雰囲気も感じられ、愛着湧いてくる一品です。


こちらは段数を変えて、用途に合わせてお使い頂けます。


重なる段重では仕方ないと思うのですが、、
一段ずつ、数ヵ所に極小さなカケが見られる為、お値段に反映させております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。次の更新は2月14日(火)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com 
OPEN  EVERYDAY
東京でも雪がちらつき、厳しい寒さが続いています。
風も強いのが辛いです( ;∀;)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ