お知らせ


2017年2月21日火曜日

2017・2・21<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治前期の器(※染付通り物有り)

こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。


まずは、2月15日~19日のSALEにご来店されたお客様に
厚く御礼申し上げます。
遠方からご注文くださった方や、
ずっと気になっていたものを購入された方もいらしたり、
お得な機会を活用して頂き、スタッフ一同嬉しく思っております。

今後もまた、SALEを実施いたしますので、楽しみにしてくださいね。


吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。



器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。

本日は、江戸後期の染付通り物3種からご紹介いたします。
お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


通り物』とは、同じ絵柄で、幾つかの形式の器が揃った器のこと。
個々での普段使いはもちろん、
同じ絵柄で揃えた器は見栄えも良いので、おもてなしの際にも重宝します。

今回のご用意は、なます皿、向付、小皿
の3となっております。

染付山水と幾何学文四弁型通り物(江戸後期)
●なます 1客 2,500円+tax
●向付 1客 2,500円+tax
●小皿 ノミホツ有り1客 2,500円+tax


なます皿
1客 2,500円+tax
径約16,5㎝・高さ約4㎝


落着きのある呉須が器を包み込み、
その形状の特有さと共に、見込みの風景が目に飛び込んできます。


緻密に描きこまれた山水図。
濃淡豊かに、線描きの後に濃み埋めを施し、
モチーフひとつひとつがいきいきと輝きます。


独特な四弁の形の縁に施された絵付けは、


二方ずつに異なる幾何学文様。


そして四方には、『松下問・童子・言師去薬採』と、
白抜きで凝った表現の文字図が飾ります。

「尋隠者不遇」という詩の一節で、
山中に隠者の住まいを訪ねた際、
松の木の下にいた子供に先生の所在を尋ねると、
薬草取りに出かけたとの返事。
会えないまま帰ってきた事を詠んだものだそう。


高台内に銘有り。
裏柄には愛らしい染付が光ります。


深さがあるなます皿は、使い勝手抜群◎
入荷したての今なら、5客揃いでのお求めも可能です。



向付
1客 2,500円+tax
径約10㎝・高さ約5,5㎝


端反りの縁が四弁型となっている向付。
側面には山水図をぐるりと纏います。


みずみずしい染付が趣深く、静寂に引き込まれます。


見込みには帆かけ舟が浮かびます。


コーディネートに変化がつき、お料理映えしそうな形です。



小皿
1客 2,500円+tax
径約10㎝・高さ約2㎝
※ノミホツ有り
※入荷数5客


通り物3種目は小皿です。
 器が小さくなっても仕事の丁寧さは変わらず、
繊細な表現が続きます。


残念ながら、小皿は入荷のすべてにノミホツ(極僅かなカケ)がございます。
お値段に反映しておりますので、
気にされない方にとってはお買い得となっております。


藍一色ながら目を引く意匠の通り物です。
お問い合わせは是非お早めにどうぞ!!

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。



染付熨斗と蛸唐草文蓋茶碗
1客 2,500円+tax
(江戸中期)
径約11㎝・高さ約7,5㎝
少甘手


すっきりとした素地に藍が映え、
個性溢れる絵付けに心奪われます。


堂々と描かれた熨斗が華やか。


左右には蛸唐草文が並び、力強い筆致が潔い雰囲気です。


反対の面には蛸唐草が中心となり、
その下方に熨斗が添えられます。


蓋にも同じように、文様が飾ります。


鉄釉の縁で彩りを加え、存在感を引き立てます。
見込みは大きな環状松竹梅。


入荷のすべてが少甘手の状態となっております。


こちら、5客の入荷です。
珍しい熨斗と蛸唐草の組み合わせを、
是非お手元でお愉しみください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付群鳥と漢詩図汲出碗
1客 3,300円+tax
(江戸後期)
径約10㎝・高さ約5㎝


小ぶりな高台から縁にかけてすっきりと広がる形が美しく、
淑やかな佇まいの汲出碗です。


図柄は、雰囲気の異なる二方の割り絵となっております。


こちらの群鳥図にご注目ください!!


鳥なのかどうか分からなくなりそうなほど
デフォルメされた姿がなんとも可愛らしい群鳥。
一面びっしりと描き埋め尽くしており、圧巻です。


もう一方の割り絵には、漢詩が描かれます。

「帰雁」銭起
雁よ、この美しい瀟水湖水のほとりまで来ていながら、
 何故北に帰っていくのか。 
水は碧く砂は清らかに岸辺の苔も鮮やかで美しい。 
きっと湖水の女神が二十五弦の大琴を月夜に奏でたので、 
その音色の悲しさに耐え兼ね、折り返して飛び帰るのだろう。 

 群鳥図が描かれた理由を知り、趣きがよりしみじみと感じ取れました。

無傷の入荷は2客です。

ノミホツ有り 1客 2,500円+tax
※入荷数3客
縁の1~2箇所にノミホツが有るお品もご用意しております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付鳳凰と桜図大なます皿
1客 4.,500円+tax
(江戸幕末)
径約17㎝・高さ約6㎝


発色の良い呉須で濃み埋めし、
しなやかに舞う鳳凰図を三方に表します。


見込みには優しく色づいた桜の花を散りばめます。


枝葉はくっきりと、花弁は柔らかに、
職人さんの手仕事に惚れ惚れしてしまいます。


裏柄にもさらりと桜図を描きます。


煮物やサラダ等をたっぷり盛れる大きさです。
厚めに造られており丈夫なので、普段使いにも活躍します。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵桐と鳳凰図なます皿
1客 3,300円+tax
(明治前期)
径約15,5㎝・高さ約6㎝


見込みには、淡い染付で団龍が配されます。


菊花のような凹凸を付け成形された縁には、
鮮やかな文様が彩ります。


羽根は黄金に輝き、愛嬌あるお顔で微笑む鳳凰図が描かれます。


菱型の窓絵には、愛らしい花と蝶が姿を見せます。


窓絵を飛び越えて、鳳凰の長い尾が伸びやかに描かれます。
傍らには桐の花もふわりと浮かびます。


七宝繋ぎ文と菱花文もアクセントとなり、図柄をまとめます。


二重高台で、しっかりした造り。
通常のなます皿に比べ、やや大ぶりです。


裏柄にもふんだんに色彩を用い、
花と唐草、間には蝶がひらりと舞います。


手描き故に表情は異なりますが、状態良く揃っております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵牡丹と菊図六弁なます皿
1客 2,800円+tax
(明治前期)
径約13㎝・高さ約5㎝


六弁の形状が珍しい色絵なます皿の入荷です!!
まるで其処に花が咲いたかのような、可愛らしい意匠です。


見込みは染付金彩で装います。


六弁の縁は割り絵となっており、
三方には幾何学文に囲まれた菊図。


隣り合う三方には、金彩の格子文と丸文。
朱の鮮やかさを背に、牡丹の花がしっとりと煌めきます。


裏柄は柔らかい染付の宝尽くし文。

↑無傷の入荷は2客。
藍の濃淡が其々異なります。

窯傷有り 1客 2,500円+tax
※入荷数1客
表からは殆ど目立たないので、問題なくお使い頂けます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。次の更新は2月24日(金)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
お客様よりお菓子を頂戴しました。
お心遣い有難うございます。
美味しくいただきました(^^)

ブログ アーカイブ