お知らせ


2017年4月28日金曜日

2017・4・28<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治前期の器7種(※千鳥図有り)

こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。



吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。


器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。


本日は、輝く美しさがふんだんに盛り込まれた
江戸後期~明治前期の器を中心にご紹介して参ります。

お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


色絵牛と人物図尺皿
1客 8,500円+tax
(明治前期)
径約30,5㎝・高さ約4㎝
※対で入荷


色とりどりの文様の中、いきいきと歩く牛が描かれます。

こちら、十牛図の「騎牛帰家」の場面が描かれているものかと思われます。
牛を探して旅に出た人が、牛を飼いならして家に帰る場面です。


大きな身体は黄金に輝きます。
道端に何かを見つけたかのように、
前足を上げてくるりと振り返った姿は躍動感溢れます。


牛の背には一人の人物。
笛を吹き、のんびりとした時間を過ごしています。


傍らには桜が咲き誇り、
春の暖かな日差しを感じさせます。


縁には華やかな花と唐草文や市松文が飾り、
賑やかに仕上げます。


口縁部の染付もアクセントとなり、
色絵の暖かさを引き立てます。


裏柄は花と唐草文。
染付に赤絵を加え、抜かりない仕事が続きます。

こちら、対で入荷しております。


 ②
①に比べ、牛図の金彩が薄い状態です。
人物図の右上にフリモノが僅かにございます。

華やかながら、和やかさ溢れる器です。
ふんだんに色を取り入れつつも爽やかに仕上がっているので、
染付の器とも相性が良さそうですね。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


染付雲龍と宝珠図八角鉢
1客 5,500円+tax
(江戸幕末)
径約21㎝・高さ約10,5㎝
※釉剥げ有り


江戸期の染付八角鉢が入荷しました!
深さがあり、たっぷりとお料理を盛りたいときに活躍します。


内側、縁に描かれるのは雲龍と宝珠図。
漫画のようにデフォルメされ、愛嬌溢れます。


龍の大きな身体は雲間に見え隠れします。
墨弾きの技法を用い、濃淡豊かに表しております。


雲龍図の間には宝珠がふわふわと浮かび、
見込みには雲が漂います。


側面にも同様に、雲龍と宝珠図が描かれます。
こちら、側面に釉剥げが有る状態の為、お値段に反映しております。



製作段階で出来たものですが、
釉薬が掛かっていない素焼きの箇所がございます。
その為、染料もグレーのような発色になっています。



釉剥げがある為お値下げしておりますが、
個人的にはこの釉剥げ部分の色がかえって面白いと思います。
青み掛かったまろやかな白にみずみずしい藍が染み込み、
そこに渋いグレーのアクセント。
偶然出来た表情に魅力を感じます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵山葡萄図なます皿
1客 3,300円+tax
(江戸後期)
径約15㎝・高さ約4,5㎝


落ち着いた呉須調に色絵煌めき、山葡萄図が描かれます。

“多幸”のモチーフとされてきた山葡萄図。
蔓の絡まる様子も“延命長寿・子孫繁栄”といった
唐草文と同じく吉祥文様です。


ぷっくりと実った葡萄に誘われ、
傍らには蝶がひらりと舞います。


入荷数は3客です。
金彩が薄いものは、さっぱりとした雰囲気になりますね。


人気の山葡萄図、是非お早めにお問い合わせください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付網干図小猪口
1客 2,500円+tax
(江戸後期)
径約5㎝・高さ約4,5㎝
※入荷数3客
※3客商談中

手のひらサイズの小猪口が入荷いたしました!!


正面に描かれるのは網干図。
江戸期らしいしっとりとした染付が趣深く伝わります。


左右には松、そして群鳥図が描かれております。
さらりと描いた筆致から、飾らない素直さを感じます。


内側は白無地です。


酒器にピッタリのサイズ感です。
あたたかみのある染付が心癒してくれそうですね。
珍味や薬味入れ、ドレッシング入れ等にもお使い頂けます。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付建物に旗図輪花縁小皿
1客 1,500円+tax
(江戸後期)
径約9,5㎝・高さ約3㎝


濃み埋めした縁が、見込みの図柄を引き立てています。
輪花の形状も愛らしい佇まいです。


見込みに描かれるのは定番の風景図ですが、
建物の隣に旗がひらりはためいた図柄、
のびのびした草花の描き方に個性を感じます。


輪花縁には墨弾きで幾何学文を描き、手が込んでいます。


多数入荷しておりますので、
入荷したての今なら5客揃いでのお求めも可能です。


先にご紹介の小向付と合わせて、お酒を愉しまれても素敵です。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


金彩松竹梅と幾何学文なます皿
1客 2,500円+tax
(明治前期)
径約15㎝・高さ約5㎝


鮮明な藍色が目を引き、三方の窓絵を際立たせます。


窓絵には松竹梅図が描かれます。
染付に朱と金があしらわれ、上品な印象です。


窓絵の間には格子文が斜めに配され、モダンな表現です。
重ねられた金彩も図柄に奥行きを生んでいます。


見込み、裏柄も松竹梅図が描かれており、
おめでたい意匠となっております。


深さのあるなます皿は汁気のあるお料理でも盛り付けやすく、
普段使いにもおもてなしの際にも重宝します。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


色絵松竹梅図小皿
1客 2,200円+tax
(明治前期)
径約12~12,5㎝・高さ約2,5~3㎝


緑と金を主とした色合いが新鮮で、
淑やかな印象です。


見込みは淡い染付の龍図。


三方には松竹梅図を描きます。
ゆったりと枝を伸ばした松に、竹と梅が優しく寄り添います。


窓絵の間には幾何学文と龍図。
くるりと丸くなった龍の表情は、和やかに愛らしく描かれます。


縁が立ち上がった形状で、側面にも細かく染付けを施します。

無傷の入荷数は4客です。
(右上から時計回りに①~④)


径約12,5㎝・高さ約2,5㎝


径約12,5㎝・高さ約2,5㎝


径約12㎝・高さ約3㎝
①②と比べ、やや小ぶりで高さがございます。

径約12㎝・高さ約2,5㎝
①②に比べ、やや小ぶりです。

同じ図柄を描いていますが、
窓絵の大きさによって随分雰囲気が異なっています。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


染付若松と波千鳥図小皿
1客 800円+tax
(明治前期)
径約11,5㎝・高さ約2,5㎝


白と藍のコントラストが美しく、文様が広がります。


見込みに描かれたのは若松図。


縁には荒々しい波がめぐり、千鳥たちが飛びまわります。


裏柄は文字図、高台内に銘有り。


手描き故に1客ずつ個性がございます。
清々しい染付の器は、これからの季節にピッタリ◎

こちらも枚数揃って入荷しております。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。次の更新は5月2日(火)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
店主からスタッフへ、差し入れのイチゴを頂きました(^^)

ブログ アーカイブ